ナンパを成功させるのに、一番大事な要素(肝)・ポイントとは?⇒“コレ”です。

ナンパ成功理論

ナンパを成功させるのに、“一番大事な要素(肝)・ポイント”とは? ナンパを成功させようと思えば、まず何よりも、「ここ」を先に押さえる必要があります。その「ナンパを成功させるのに、一番大事な要素(肝)・ポイント」について解説いたします。

ナンパを成功させるのに、“一番大事な要素(肝)”とは?

桐明です。こんにちは。
さて、本日は、「ナンパを成功させるのに、一番大事な要素(肝)・ポイントとは?」こちらを解説したいと思います。

まず、ナンパに限らず、何事も、それを成功させるための“肝”が大事です。いわゆる、“センターピン”を狙って行かないと、そこで大きな成果を挙げることはできません。これはナンパも同じ。ナンパを成功させようと思えば、外側の枝葉のテクニックをいくら身に着けてもダメで、まず、「幹(肝の部分)」を最初に押さえる必要がある。

・・と、前置きが長くなりましたが、今、こちらをお読みの皆さんは、ナンパを成功させるのに、“一番大事な要素(肝の部分)”って、何だと思いますか?

・ルックス(見た目)?
・面白さ(または、笑いのセンス)?
・トークの技術?
・押しと粘り?
・それとも、愛嬌?

・・どうでしょう?

これ(ナンパを成功させるのに、一番大事な要素)にすっと答えられる方は、僕のブログなんて読まなくても、今、普通に、ナンパがバリバリと成功されていると思います。でも、これに、すっと答えられない方は、残念ながら、まだまだ、ナンパを成功させるための“本質”を正しく理解されていないと思います。大変、偉そうな言い方になってしまいますが。

ナンパは(ナンパに限らずですが)、これを成功させようと思えば、いくら枝葉の部分を学んでも成功には至りません。成功させようと思えば、最初から、これを成功させるためのセンターピン(幹・本質)を押さえる必要があります。

ナンパを成功させるのに、一番大事な要素(肝)はコレ。

さて、改めて、ナンパを成功させるのに、「一番大事な要素(肝の部分)」とは何か?

ルックス(見た目)?
面白さ?
トーク術?
押しと粘り?
愛嬌?

もちろん、これらも、それぞれ大事ではありますが、でも、ナンパを成功させるのに、“一番大事な要素”か?というと、これらはそうではありません。

ナンパを成功させるのに、一番大事な要素、それは、ずばり、「これ」になります。↓

・ナンパをした際、女性に“警戒心を持たれない”(または、“親しみやすさ”がある)。

ずばり、これです。
これが、ナンパを成功させるのに一番大事な要素であること、これは、9年間で637人の女性をナンパでゲットした私、桐明が、そう断言することができます。

でも、世間、また巷では、ナンパといえば、これを成功させるのに大事な要素とは?と言えば、「以下のツートップの要素」が必ず挙がってきます↓

・見た目
・トーク技術

このツートップの要素。
世間、巷では、ナンパを成功させるには、これのどちらかが、「一番大事」だと思われています。もっとも、これらは、当然、悪いよりは良い方がいいです。ナンパも成功しやすくはなります。でも、ナンパを成功させるのに、これらのどちらかが、一番大事な要素であるかというと、僕はこれ、はっきりと「NO」なんですね。

これ、なぜだか、言いましょうか? ナンパを成功させるのに一番大事な要素が、「見た目」または「トーク技術」ではない理由、それはなぜかと言うと・・

“この僕自身が、見た目は普通、トークも、特別上手くないから”

です(笑)。
これまで、9年間で637人の女性をナンパでゲットした僕自身が、見た目が特別良いわけではない、トーク力も普通。なのに、9年間で637人の女性をナンパでゲットした。だから、ナンパでは、必ずしも、見た目や会話が最重要というわけではない。そのことを、この僕自身が自ら証明しているのです。

まあ、これを言うと、「それは、お前が、たまたまそうだったからだろ」と思われるかもしれませんが、これは僕だけでなく、僕の周りで見てきた、凄腕のナンパ師達を見てきてもそう思いますし、それらの皆が、これ↓

・ナンパをした際、女性に“警戒心”を持たれない(または、“親しみやすさ”がある)。

ここの部分は見事に共通しています。
ただ、この段階では、これはどこまでいっても、あくまで僕、または周りの人間がそうだったから、といった結果論的な話になるので、実は、ナンパで、これ(ナンパをした際、女性に“警戒心”を持たれない(または、“親しみやすさ”がある))が一番大事であることの「本当の理由」は、次で解説する話になってくるのです。

なぜ、ナンパでは、“●●心を持たれないこと”が一番大事なのか?

なぜ、ナンパを成功させようと思えば、これ↓

・ナンパをした際、女性に“警戒心”を持たれない(または、“親しみやすさ”がある)。

「これが一番大事」かと言うと、これは、ナンパをされる女性側を想像してみればよく分かります。
普段、ナンパをする人は、「自分のするナンパのこと」は考えても、“ナンパをされる女性側のこと”は、あまり考えたことがないのではないでしょうか? なので、本日はこれ、一度考えてみましょう。

さて、そのナンパ、女性の側に立って考えてみれば、ナンパは、女性が街を歩いていたら(それも気を抜いて)、突然、知らない男に声をかけられます。突然、知らない男に、です。

この時に、(その声をかけてきた男のことで)女性の頭(または脳裏に)に、最初に来る(浮かぶ)のは何だと思いますか? その男の見た目?それとも、その男のトーク?

これ、違います。

女性の頭(または脳裏に)に最初に来るもの、それは、“この男は、一体何者なんだろう・・?”という“警戒心”です。街で突然、知らない男に声をかけられるわけですからね。女性の頭に中に、最初にこれ(この男は、一体何者なんだろう・・?という警戒心)が来て当然です。

これ、あなたが逆の立場でも、多分、感じること、思うことは同じだと思います。

例えば、男であるあなたが、街をぶらっと歩いていて、突然、けっこうな美女から声をかけられたら、どう思いますか?「うわ、美女だ、嬉しい!」と喜ぶ前に、まず、「え? 何? 何者・・?」と思うはずです。つまり、相手が美人だとか、その女性の会話がどうとか、こうとかの前に、まず、“相手への警戒心”が一番先に来ると思います。これは、知らない人間に突然、声をかけられた側の「ごく自然な生理的反応」です。そして、これが、男性よりも力の弱い女性が、街で突然、知らない男性から声をかけられたら、その反応は尚更強くなると思います。

つまり、女性がナンパをされた際、女性にとって、「まず最初に重要なポイント」になってくるのは、その声をかけてきた男がイケメンであるか、とか、その男の会話が面白い、とかよりも、まず、“危険な男ではないか”“危ない男ではないか”という「相手への警戒心」これです。

声をかけてきた男が、これ(警戒心を持たせる)が高い相手には、その男がいくらイケメンで、また何を話そうと、頭に、耳に入りません。警戒しているからです。その声をかけてきた男と話してみようと思うのは、自分の中で、相手への警戒心がいくらか解けてからです。声をかけてきた男に強い警戒心があるうちは、いくら声をかけてきた男がイケメンでも、会話上手でも、それ(相手の容姿、トーク)は頭、耳に入って来ない。当然です。警戒しているからです。

ナンパは、女性に声をかけた際、相手に最初に強い警戒心を持たれると、会話で親しくなっていく前に、まず、その相手の警戒心を解く(または緩める)作業が必要になってくるので、「こちらへの警戒心を解く」「会話で親しくなる」この「2ステップの作業」が必要となり、ナンパを成功させるためのハードルが上がります。

逆に、女性から見て、声をかけられても、警戒心があまり湧かない男性、初対面だけれど、なぜか親しみの感じる男性だったら、男のその後の会話の展開が上手ければ、そのまま、ずるずると男と話してしまう・・ということは、ナンパではよくあります。初対面でも警戒心が沸かない相手なので、相手を懐に入れてしまうからです。

もうお分かりですね。だから、ナンパを成功させる時に、まず一番大事な要素は、「女性に警戒心を持たれないこと」これなのです。

最初に警戒心を持たれたら、どれだけ凄いトークのテクニックがあっても、ムリなのです。いくら面白い会話をしても、警戒心を持たれていたら、それはただ面白いだけで、その男についていこうとは思わないのです。

なので、ナンパは、最初の入り口で、「まず、女性に警戒心を持たれない」、ということが最重要。見た目がどうとか、トークがどうとかは、まず、それをクリアーしてからの話になってきます。

ナンパは、まず、“ここ”(女性に警戒心を持たれない)を押さえる。

ここまで書いてきましたように、ナンパは、いくら、自分の見た目やトーク(会話)に自信のある男性でも、ナンパの際、女性に警戒をされる要素を持っていたら、その時点で、ナンパを成功させるためのハードルはガンと上がるので、ナンパを成功させるのはとても難しくなります。

反対に、女性に、あまり警戒心を持たれない男性であれば、声をかけた最初の段階から相手の懐に入れるので、その後の展開がとても楽になります(ただし、これだけで成功するという話ではありません)。

本日お話しましたように、ナンパは、「女性に警戒心を持たれるかどうか」で、ナンパが成功しやすいかどうか、ここの部分が大きく分かれてきます。だから、ナンパでは、これ(女性に警戒心を持たれない)が、「最も大事な要素」なのです。ナンパをした際、最初に警戒心を持たれると、その最初の時点で、ナンパを成功させるためのハードルが上がるので。

もちろん、ナンパでは、会話が大事であることは言うまでもありません。でもそれは、まず、「警戒心を持たれない」という肝、幹の部分を押さえた上での話になってきます。ナンパをする方で、トークに自信のある方は、もし今、あなたが、女性に声をかけた時点で、女性に警戒心を持たれる印象・雰囲気になっている場合、まずはそれを軽減、または払拭する必要があります。それが出来ないと、いくらトークが上手くても、ナンパは中々成功してきません。

本日の話は、ナンパをする人間にとって、とても重要な話です。繰り返し言いますが、いくら見た目がイケメンでも、いくらトークが上手く面白くても、警戒している相手についていく女性は、よほど頭の悪い女性を除き、普通はありません。ということは、ナンパを成功させる上で、一番大事な要素は、「女性に警戒心を持たれない」という部分になってきます。

また、僕が、9年間で637人の女性をナンパでゲットした“秘密のナンパのやり方”を、今だけ、こちらで「無料・限定公開」しています⇒桐明・ナンパ10日間無料セミナー。また良ければ、こちらもお読みになってみてくださいね^^

桐明のナンパ10日間無料セミナー
桐明のナンパコンサル
桐明のナンパコンサルを受けられた方の感想
・桐明直メール info★kiriaket.com(※★を@に変えてください)

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


桐明達也

桐明達也

40歳以上の男性が成功するストリートナンパのやり方を解説いたします。

最近の記事

  1. ナンパができない人間が、瞬時にできるようになるマインドセット方法とは?

  2. ナンパで、美人、美女がゲットできる“3つの理由”とは?

  3. ナンパは童貞でも成功するのか?⇒本当のところ(真実)を教えます。

新着 オススメ 特集記事
  1. ナンパができない人間が、瞬時にできるようになるマインドセット方法とは?

  2. ナンパで、美人、美女がゲットできる“3つの理由”とは?

  3. ナンパは童貞でも成功するのか?⇒本当のところ(真実)を教えます。

  1. 40代以上の男のナンパが成功する、「正しいナンパの声かけ」のやり方とは?

  2. ナンパの連れ出しはどこに行けばいい?その連れ出しの“最適な場所”とは?

  3. 40代以上の男は、いつナンパをすればいいのか?3つの条件からこれを絞り出す。

  1. ナンパで地蔵になる原因(要因)と、これを速やかに克服する方法とは?

  2. 1人でナンパをする時の注意点と成功させるための方法、やり方・コツとは?

  3. 40歳以上の男が、ストリートナンパで若い女性(20代)をゲットすることは可能か?

TOP