1人でナンパをする時の注意点と成功させるための方法、やり方・コツとは?

ナンパ成功理論

1人でナンパをする時の注意点と成功させるための方法、やり方・コツとは?1人でナンパをする時は、「このナンパのやり方」を必ず守ってナンパをしてください。そうしないと、1人でするナンパは成功しませんので。

1人でナンパをする時の注意点と成功させるためのやり方・コツとは?

桐明達也です。
さて、本日のテーマは、「1人でナンパをする時の注意点と成功させるための方法、やり方・コツとは?」こちらをお送りしたいと思います。

これをお話する前に、まず、ナンパをする際の大原則(僕の中での)を先にお伝えしておきます。
それは、これです↓

“ナンパは、一人でやるもの”

これ。
ナンパというと、友人や知人と、二人や三人でナンパをするという方もおられるかもしれませんが、「ストリートナンパとは?」と、その定義を考えた場合、「ストリートナンパは、一人でやるもの」というのが一つの結論になってきます。これはなぜかと言うと、理由はシンプルで、それは、

「ナンパは、複数人数でやるよりも、一人でやる方が圧倒的に成功しやすい」

この理由からです。

ナンパは、複数人でやるよりも、「一人でやる方が成功しやすい」のなら、わざわざ複数人数でやる必要はなく、ナンパは一人でするもの(一人ですべき)となります。わざわざ成功しづらい方を採択するということは、普通無いので。なので、「ナンパは、一人ですること」が、まず大前提となってきます。

そういうことを考えますと、本日のテーマ、「1人でナンパをする時の注意点と成功させるための方法、やり方・コツとは?」これは、わざわざ、「1人でナンパをする時の」と書くまでもなく、最初から、ナンパは一人でしなければなりません。

また、上述の原則に加え、これも入ってきます↓

・ナンパは、一人で、“一人の女性”に声をかける。

これです。
よく、複数人数で、複数人の女性をナンパする方がいますが、これは前述の通り、ナンパは一人でやらないといけないので、原則から外れますが、複数人、また、自分一人でやることに関わらず、ナンパは、「一人の女性に声をかける」、これも、ストリートナンパの原則・鉄則になってきます。

可愛い二人組の女性が歩いていたら、声をかけたいなと心が動くかもしれませんが、でも、ストリートナンパの原則から言えば、これは行けない相手なのですね。これも、なぜ複数人の相手に行ってはダメかというと、ナンパをした場合、相手が一人の女性の時と比べ、成功率が圧倒的に落ちてくるからです。

結局のところ、ナンパは、「一人で、一人の女性に声をかける」これが、まず基本ルールになってきます。

なぜ、ナンパは、「複数人で、複数人の女性に行ってはいけない」のか?その理由。

前述で、ナンパは複数人で、複数人の女性に行ってはいけない(ナンパは、一人で一人の女性にするべき)と言いましたが、では、なぜ、ナンパは複数人でやってはいけないのか? また、ナンパをする相手は複数人ではなく、一人がいいのか?について、もう少し具体的に解説したいと思います。

前述で、これ(ナンパは複数人で、複数人の相手にやってはいけない)については、それだと成功率が落ちるから、と説明しましたが、では、なぜ成功率が落ちるのか、について具体的に解説したいと思います。ここを正しく理解しておけば、その後に説明します、「1人でナンパをする時のやり方」もより理解でき、しっかりと頭に入ると思います。

複数人でナンパをするのがダメな理由:複数人でナンパをすると、“エンタメ要素”が強くなり、相手からすれば、真剣味が薄くなるから。

まず、「複数人でナンパをするとダメな理由」ですが、こちらが複数人で、女性をナンパすると、“エンタメ要素”が強くなるから、というのが、それの主な理由になります。ごく簡単に言うと学生ノリ、と言えば分かりやすいでしょうか。女性からすれば、その場は明るいノリにはなりますが、その分、男性側の真剣味は薄く感じられ、または、冷やかしに受け止められ、結果、明るくスルー(断られる)される可能性が高くなります。

ナンパに限らず、何事も、“その場のノリ”でやっていると思われるよりも、真剣味が伝わる方が、相手も真剣に受け止めてくれます。ナンパも同様で、声をかけた相手に、「その場のノリのエンタメ的な感じ」でやっていると捉えられれば、相手からも、同じような感じで軽くあしらわれ、受け流されてしまいます。

繰り返しますが、ナンパを複数人で行うと、どうしてもエンタメ要素が強くなるので、そのことが、逆にナンパの成功率を下げてしまいます。その場は明るい感じになっても、結果、女性から上手くかわされて、そのナンパは成功しない、といったことになってきます。

また、一人の女性に、こちらが複数人で声をかけると、エンタメ要素が強くなるだけでなく、相手の女性に単純に怖いと思われる可能性が高くなります。相手が一人であるのに対して、こちらが複数人になるので、その分、相手に圧がかかりますので。

いずれにしても、ナンパは複数人で行うと、その場は明るい雰囲気になりますが、その分、こちらの真剣味、真剣度は低下し、結果、ナンパの成功に繋がってこない、といった感じになってきます。

複数人の女性をナンパしない方がいい理由:女性は、複数人になると意見が分かれる(意見がまとまらない)し、リーダー的存在の女性がいたら、その女性の意見に皆が従うから。

また、ナンパは、「複数人数の相手」に行かない方がいいことの理由は、女性が複数人いる場合、必ず、「女性の意見が分かれてしまう」から(YESか、NOか)です。女性の意見が分かれてしまうと、ナンパはまず上手くいきません。ナンパは、短い時間でクロージングしなければならないからです。女性の意見がまとまらずに時間が過ぎ、その場がぐだぐだな状態になると、まず高い確率で、「(ナンパは)けっこうです~」となります。

また、複数人の相手の女性達の中に、リーダー的な女性がいる場合、その女性が、こちらのナンパを断る意思を示した場合、仮に他の女性は、こちらのナンパにOKしてもいいと思っていても、この場合、他の女性達は、まず、そのリーダー的女性の意見に従うようになります。いくら、複数人数の女性達をナンパして、その場は盛り上がったとしても、相手の中のリーダー的な女性が、こちらのナンパに対して「NO」と言った場合は、そのナンパはまず成功しないのです。

結局、ナンパは、複数人の女性にアプローチすると、

・(ナンパに対してどうするかの)女性の意見が分かれて、中々、結論が出ない⇒結果、ナンパが成功しない。

または、

・その中のリーダー的な女性が、NOと言うと、そのナンパの交渉はダメになる。

こういった感じになり、複数人数の女性をナンパすることは、ほとんど良いことがないのです。

その点、一人で、一人の女性に声をかけると、少なくともこちらの真剣味は伝わります。また、相手は一人なので、意見が分かれるとかはありません。当の本人が、そのナンパに対してどう思うか次第になってきます。

そういったことから、ナンパは、「一人で、一人の女性に行くことがベスト」になってきます。

1人でナンパをする時の「具体的なやり方とコツ」は?

さて、前述までの話で、ナンパは、「一人で、一人の女性に行くことがベスト」だということはご理解頂けたかと思います。

では、肝心のその「1人で、一人の女性をナンパをする時のやり方」ですが、それは、「次のポイント」を押さえることが重要になってきます↓

・周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所で声をかける。
・この後、急ぎの用事・予定の無さそうな女性に声をかける。
・女性に警戒心を持たれないようにする。
・「声をかけた理由」をなるべく早く頭出しする。

この4つのポイント。

1人で、一人の女性をナンパをして成功させようと思えば、「この4つのポイント」を押さえてナンパをする必要があります。そうすれば、1人でナンパをしても、ナンパが成功しやすくなってきます。それぞれ解説していきたいと思います。

1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ・その1:周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所で声をかける。

まず、1つめの「1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ」は、これになります↓

・周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所で声をかける。

これ。
1人でナンパをした時に、ナンパを成功させようと思えば、ナンパをする場所は、なるべく、「この場所」(周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所)でやれば、成功しやすくなってきます。これは、なぜかと言うと、“女性側の視点”に立てばよく分かります。

例えば、周りに人が凄く多い場所でやれば、声をかけてきた男がどうこう以前に、まず、“周囲の人間のこと”が気になります。それだけ人が多いと、女性からすれば、自分が男にナンパされているところを多くの周りの人間に見られますからね。こうなると、声をかけてきた男がどうこうより、周りの目が気になって、ナンパにOKするどころの心理ではなくなります。結果、すぐに断られてしまいます。

では、これが、周りに人が全然いないところでやると、どうなるかと言うと、この場合は、周りの人間の目は気になりませんが、ただ、あまりにも人が少ないところだと、今度は、“声をかけてきた男のことが怖い”という心理が生じてきます。例えば、人が全然歩いていない夜道で、突然、知らない男性に声をかけられたらどうでしょうか?怖い気持ちが先に立つと思います。

よって、前者、後者のことを考えますと、「1人でナンパをする場所」は、人が多過ぎてもダメだし、また、少な過ぎてもダメ。周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所でやるのがベター、もしくはベスト、ということになります。

また、このぐらいの場所(周りに人が多過ぎず、かつ、少な過ぎずの場所)で声をかけると、ナンパをしても(または、女性がされていても)周りの風景に溶け込むので、声をかける方、かけられる方、双方が、あまり周りの目を気にしなくて済みます。そうなると、ナンパのやり方が良ければ、そこで会話が弾み、ナンパも成功しやすくなってきます。

1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ・その2:この後、急ぎの用事・予定の無さそうな女性に声をかける。

次に、2つめの「1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ」は、これ↓

・この後、急ぎの用事・予定の無さそうな女性に声をかける。

これ。
1人でナンパをする時のやり方、コツですが、ナンパをするターゲットは、ぱっと見て、この後、特に急ぎの用時・予定の無さそうな女性に声をかけることが、ナンパを成功させるためのコツ・ポイントになってきます。

ナンパは誰に行ってもいいので、つい、自分好みの女性に行きたいと思いますが、ただ自分好みの女性に行けばナンパが成功するほど、ナンパは甘い世界ではないです。自分好みであることは大事ですが、それ以上に、「この後、特に急ぎの予定が無さそうな女性」この相手に行くことが肝要になってきます。なので、ターゲットを探す時に、まずは、「この後、特に急ぎの予定が無さそうな女性」で、かつ、自分好みの女性、となります。先に押さえるのは、繰り返しますが、「この後、特に急ぎの予定の無さそうな女性」ここの部分になります。

なお、「この後、特に急ぎの用時・予定の無さそうな女性」ですが、これは、極めて主観的な感覚的なものになってきますが、ぱっと見て、「この後、特に急ぎの予定は無さそうだな」と思う女性を狙ってアプローチしていきます。そんなこと分かるのか?というと、これは実践を繰り返していくことで、段々と分かるようになってきます。

1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ・その3:女性に警戒心を持たれないようにする。

次に、3つめの「1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ」は、これになります↓

・女性に警戒心を持たれないようにする。

1人でナンパをして、ナンパを成功させるためには、これがとても大事になってきます。基本的に、ナンパは、声をかけて女性に警戒されると、ほとんど上手くいきません。ということは、初見で警戒される見た目・雰囲気の男性はナンパが成功しにくい、ということです。

これはなぜかと言うと、ナンパは、声をかけてきた男が「全く知らない相手」だからです。女性側に立つと、街で、気を抜いて歩いていると、いきなり見ず知らずの男性から声をかけられるのです。これはまずびっくりしますし、同時に、相手に対して強い警戒心も出ます。

ということは、そこで警戒心が大きく出る相手だと、まず、その男性は女性に食い込むことができない。いくら会話が上手くてイケメンであっても、です。人は、警戒をする相手とコミュニケーションを取ろうは思わないからです。

その点、「警戒心を持たれない男性」は、声をかけた最初こそ警戒されるものの、そこから、警戒心があまり大きくならないので、ナンパのやり方次第で、相手(声をかけた女性)に食い込むことができるようになってきます。

そういったことから、1人でナンパをして、ナンパを成功させるためのコツ・ポイントは、とにかく「相手に警戒されないこと」です。これは、ナンパの会話や容姿以上に大事なことになってきます。

1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ・その4:「声をかけた理由」をなるべく早く頭出しする。

そして、最後、4つめの「1人でナンパをする時の注意点、やり方、コツ」はこれ↓

・「声をかけた理由」をなるべく早く頭出しする。

1人でナンパをした時のナンパを成功させるコツとしては、「これ」をすると、ナンパをした際、女性と会話が繋がりやすくなります。

これは、上記のポイントその3の「警戒心を持たれないようにする」にも繋がってくる話ですが、ナンパは、女性は、声をかけられた時点では、こちらに対して警戒をしているので、その警戒心を和らげるために、なるべく早く、「声をかけた理由」を先に頭出しして言ってしまった方がいいです。そうすれば、その理由があまり納得のいくものでなくても(納得できるものが望ましいですが)、女性からすれば、それ(声をかけた理由)を先に言われることで、気持ち的に少し落ち着く感じになります。

逆に、声をかけた理由を後々に引っ張ってしまうと、女性の中でずっと不信感が続き、それが警戒心に繋がってナンパが成功しない、ということになります。

前述でも言ったように、ナンパを成功させようと思えば、なるべく早く相手の警戒心を和らげることです。そのためには、なぜ、声をかけたのか、「その声をかけた理由」は、なるべく早く先出ししてしまうことが、それ(女性の警戒心を緩める)に繋がってきて、それがすなわち、ナンパの成功にも繋がってきます。

・・というわけで、1人でナンパをする時は、上記の4つのポイントを押さえてナンパをするようにしてください。そうすれば、1人でナンパをしても、ナンパが成功しやすくなってきますので。

また、僕が、9年間で637人の女性をナンパでゲットした“秘密のナンパのやり方”を、今だけ、こちらで「無料・限定公開」しています⇒桐明・ナンパ10日間無料セミナー。また良ければ、こちらもお読みになってみてくださいね^^

桐明のナンパ10日間無料セミナー
桐明のナンパコンサル
桐明のナンパコンサルを受けられた方の感想
・桐明直メール info★kiriaket.com(※★を@に変えてください)

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


桐明達也

桐明達也

40歳以上の男性が成功するストリートナンパのやり方を解説いたします。

最近の記事

  1. ナンパができない人間が、瞬時にできるようになるマインドセット方法とは?

  2. ナンパで、美人、美女がゲットできる“3つの理由”とは?

  3. ナンパは童貞でも成功するのか?⇒本当のところ(真実)を教えます。

新着 オススメ 特集記事
  1. ナンパができない人間が、瞬時にできるようになるマインドセット方法とは?

  2. ナンパで、美人、美女がゲットできる“3つの理由”とは?

  3. ナンパは童貞でも成功するのか?⇒本当のところ(真実)を教えます。

  1. ナンパが成功しづらい(成功しにくい)場所・3大スポットとは?(これは知っておいた方がいいです)

  2. 40代以上の男がうまくいく「ナンパのやり方」の見つけ方とは?

  3. ナンパの連れ出しはどこに行けばいい?その連れ出しの“最適な場所”とは?

  1. ナンパは童貞でも成功するのか?⇒本当のところ(真実)を教えます。

  2. 50歳、50代の男がナンパで成功するために、まず最初に押さえるべき事とは?

  3. 女性への声のかけ方(ナンパ)を成功させる“3つの必須ポイント”とは?

TOP